TOP > メカニックな日々 > コーティング撥水効果の実験!

コーティング撥水効果の実験!

投稿日/2016年9月8日

こんにちは、企画室の鈴木です!

今日は撥水コーティングの実験です(・ω・)
車体の半分だけをコーティングして撥水コーティングをした方としてない方で
違いを見てみたいと思います!

今回コーティングをする場所は車体の右半分のボディーとガラス面になります。

コーティングの種類
ボディ部:【NANO-FIL】コーティング
ガラス面:【ハイパービュー】コーティングになります。


まずは前回のコラム http://www.fa-koriyama.com/column.php?cd=000003&sh=m:アバルト

と同じ手順で下処理をしていきます。
手順
【ボディコーティング】
➀洗車
洗車をして汚れなどを除去します。

➁鉄粉の除去
前回は新車コーティングでしたが今回は納車後で行動を走っているので丁寧に鉄粉を除去します。

➂磨き
軽く表面をコンパウンドで磨きをかける、電動ポリッシャーを使って隅々まで磨きます。

➃洗車
泡を多めに使い、洗車をしてコンパウンドを洗い流し綺麗にします。

➄乾燥
エアーを吹きかけて水気を飛ばし、しっかりと乾燥させます。

➅コーティング
右半分に綺麗にコーティングをかけていきます。
ムラが出ないように気をつけてコーティングをかけます。
ガラス面コーティング】
➀研磨
付属のコンパウンドで力を入れてガラスの表面を磨き
表面に出来ている油膜を取り除きます。
油膜が残っている状態でコーティングをしてしまうとそのコーティングが
剥がれてしまうため丁寧に作業を行います。

➁すすぎ→乾燥
コンパウンドをしっかりふき取り、乾燥させます
コンパウンドが残らないようにしっかりと拭き取ることが大切です。

➂定着安定剤を塗布
安定剤を塗布しながら素早くガラス全体に塗布します。
その時に汚れが残っていたら汚れも同時に拭き取ります。

➃撥水剤の塗布
安定剤が十分乾燥したことを確認し、撥水剤をガラス全体に塗布します。
撥水剤は水と混ざってしまったり、開封してから15分以内に使わなければならなかったりしますので
注意をしながら作業を進めていきます。

➄乾燥
今回は夏場なので5分ほど乾燥させます。

➅仕上げ
仕上げに過剰成分をしっかりと拭き上げて
拭き残しなどがないか確認し終了になります。



以上の手順で車のコーティングを完成させます。
今回は車体の半分のみの施工だったので時間は短くすみました!



実際に聞いているか、百聞は一見にしかずなので実際のビフォー・アフターをご覧ください!




こんな感じで撥水の違いは一目瞭然だと思います(´ω`)♪
これで雨が降っても視界の確保はバッチリです!

紹介ムービー

執筆者紹介

ボディテクニシャン 小林 祐樹

犬の散歩が日課です。

↑ページトップへ